B2

世界のライフスタイルを地下から俯瞰する。

時計

時計SWATCH 知られざる歴史と革命をもたらした "SISTEM 51"

更新日:

2013年に発表されたSWATCHの"SISTEM 51"は革命的だった。

"SISTEM 51"とはムーブメントのことで、"51"という数字はムーブメントが51個の構成部品で作らていることに由来するもの。
51個の部品というと、時計としては圧倒的に少ない。しかもこの"SISTEM 51"は自動巻きの時計である。

さらに何が革命的かというと、"SISTEM 51"は世界で初めて全ての工程がオートメーション化され製作されたムーブメントであるということ。


2013年に発売された"SISTEM 51" BLACK

2013年に発売された"SISTEM 51" WHITE

自動巻き(機械式)の時計はなぜ高価かというと、パーツを仕上げたりムーブメントを組み立てるのは、職人の手が必要であったこと。

腕時計メーカーは品質レベル向上のために、ある程度の工程をオートメーション化するメーカーも増えてはいるが、全ての工程を機械化したのはSWATCHの"SISTEM 51"が初めて。

これは機械式時計の常識を覆す革命的な出来事。全てオートメーション化したことで、その価格もぐっと低くなっている。

1万円代で自動巻きの腕時計が手に入るだけでなく、パワーリザーブも最大90時間あるというから驚き。そしてそれらはスイス製である。

そもそもSWATCHブランドは1983年にプラスチックケースにクォーツ・ムーブメントを搭載するという、当時としては画期的な時計を発表したことに始まる。(元々SWATCHは、時計製造業者による協同組合「エボーシュ」を構成する企業であるETA社のブランドネームの1つだった)

1970年当時、市場は安価なクォーツ時計が席巻していて、それまで時計業界に王者として君臨していたスイス時計産業はこの時代転換に乗ることができなかった。

クォーツ時計を生産できる電子産業がなかったためだ。これはクォーツショックと呼ばれるほどの大打撃で、スイス時計業界が得意としていた入念なクラフトマンシップによって生み出される高価な時計の販売は激減。

スイスの時計職人は半分以下にまで減り、50%以上あったスイス製時計のシェアは15%程度になったと言われる。

クォーツ時計とは、1969年に日本のセイコーが開発したもので、電池を動力とする時計のこと。その後進化を続けたクォーツは機械式時計を超える精度を誇り、安価で大量生産できた。これによってスイス大手のIWCが倒産の危機を迎え、同じく大手BLANCPAINが事業を停止した。


世界初のクォーツ時計 セイコークォーツ アストロン35SQ

スポンサーリンク

google adsense_pc





そんな中、SWATCHが先ほどのプラスチックケースにクォーツ・ムーブメントを搭載した時計を1983年に発表。当時台頭していた実用的なクォーツ時計に対して、「時計はファッションである」という価値観をもたらした。SWATCHとは「セカンド・ウォッチ」の短縮であり、日本をはじめとするクォーツ勢に対抗するため、戦略的に投入された。


1983年に発売されたSWATCH

安い価格帯での提供と、「時計は時をしるためのものではなく、気軽に身につけ、着替えるもの」という概念を産みつけたのだ。その戦略は成功。著名なアーティストとコラボレーション商品を発表するなど、斬新な時計を発表し急成長。当時苦境に喘いでいたスイス時計業界の中心的存在として、同盟関係的団体を築き上げ、スイス時計業界の苦境を救ったのである。

このような歴史的背景から、現在はSWATCHグループなる世界最大の時計製造グループとなり、傘下にはOMEGA(オメガ)やBreguet(ブレゲ)、Longines(ロンジン)を抱える。


SWATCHグループ(2017年時点)

そんなSWATCHがスイスの時計業界を救うきっかけとなった、1983年に発表したまさにその時計も、"SISTEM 51"と同じく51の部品にて構成されていた。

繰り返しになるが、"SISTEM 51"は世界で初めて全行程オートメーション化することで作られた自動巻きムーブメント。

それは数多くの腕時計メーカーを抱える巨人だからこそできることで、研究開発に多大な投資を行うことによってこそ開発されたもの。

自動巻きの腕時計にはあまり見られないカジュアルなデザインで、30年前にスイスを救ったSWATCHらしい時計に仕上がっている。2013年に登場した"SISTEM 51"は、1983年にSWATCHが登場した時に勝るとも劣らないインパクトを市場に与えたのだ。

現在も"SISTEM 51"は毎年新しいデザインが登場していて、そのレパートリーも増えている。詳しくは公式サイトをチェックしてみよう。
参考
SWATCH 公式サイト:https://www.swatch.com/ja_jp/
SWATCH 公式アマゾンページ:http://amzn.to/2ltRdXW

google adsense_pc




google adsense_pc




  • この記事を書いた人

B2(ビーツー)

-時計

Copyright© B2 , 2018 All Rights Reserved.